若い世代に大人気 史上初年間ランキング1位 大企業だから初心者向け

同じ轍を踏む必要はない

失敗から学ぶ

出会い系サイトを利用していてすべての人が成功するということはありません。むしろ失敗している人と成功している人というのは半々といったところではないでしょうか?

優良サイトに登録すればすべてがうまくいく!と思い込んでいるかもしれませんがそれは大きな間違いですので気を付けましょう。

うまくいくと思って結局のところは失敗してしまった人がこのサイトが悪徳業者というレッテルを貼っているのではないかと思ったりもします。

ちゃんと考えて行動しないといけません。これから始めようと思っている方のここでは利用した人の失敗談を紹介していきたいと思います。

はやる気持ちを抑えられない。 出会い系サイトで一番多いのがこのパターンだと思います。優良サイトを選んで相手がかなり目的意識が高いといっても二通目や三通目でいきなりもう会って話しませんか?などとメールを送ってしまい、相手に対して失礼なことを言ってしまって相手を不安がらせてしまったということはありませんか? 特に対して仲良くもなっていないのにも関わらずいきなり会おうといわれたら誰でも怖くなったりさすがにまだ早いと思ってしまうでしょう。

ですからある程度仲が深まって敬語が抜けてきたなと思ったらそこで相手を誘うようにしましょう。大体目安としては早くて一日の終わりだったり2・3日は開けて誘うべきです。いきなり会いましょうというメールを送るのは早すぎると思ってください。会いたい気持ちはわかりますがそれでも無理はしないことです。

上から目線で偉そうにしてしまったという経験はございませんか?相手に対して上から目線で言ってしまうとどうしても相手はそこでは普通に接してくれますが心の中では嫌な奴だなぁ~って思うのがほとんどだと思います。自分が相手からされたら何様?って思うでしょう。できるならば相手を立てることのほうが大切なのです。

低姿勢で相手に対して優しく接してあげたら相手も心を許して気持ちが開放的になりますが、上から目線で偉そうに言われたら徐々にメールの回数は減っていって自然消滅させられてしまいます。特に女性でキャリアがある人は男性に対して上から目線になりやすいです。男社会で育って成り上がったプライドもあるかもしれませんが、それは一旦おいておかないといつまでたっても相手はできないので気を付けましょう。

援助や相手のステータスばかりを追求してしまったという気持ちもわからなくありませんがこれは相手はかなり毛嫌いします。

女性は結婚をする際に相手のステータスを気にするのも仕方がないかもしれませんが、それは相手を見ていないことかもしれませんね。

とはいえ気にするのは仕方のないことでもありますし、自分が幸せになるためにはしっかりと情報として入れておきたいところでしょう。

ですので何度も相手に聞くのは失礼に当たってしまいますので一回ですべてを聞くようにしましょう。

聞きたい内容を一つにまとめて必ずそれを頭にインプットしておきましょう。何度も聞くと嫌がられます。

言い方としては今現在の仕事を聞いたら業界的にどれくらいなのかを把握しておきましょう。

年収ってちなみにどれくらいなんですか?といういい方は止めてそのあとに役職を相手が言って来たり、部下が結構どんくさいとか言って来たらじゃあ今どんな立場なんですか?という聞き方をしてもいいかもしれません。

大切なのは今の立場を相手が言ったら、そこまでの立場になるのにどれくらいかかったのかを聞いてそのあとにものすごい努力なされたのですね。

尊敬しますとかすごいですね。とか相手が今まで経験してきたことをほめてあげましょう。

ニュアンスとしてはあくまで年収がすごいのではなくてそこまで上り詰めて一生懸命頑張ったあなたを尊敬しますといういい方が大切です。

ページの先頭へ戻る